季節

土用の丑の日の決め方は?2021年はいつ?由来も気になる!

近年猛暑の年が続きますが、あまりの暑さに毎年体調を崩してしまう方も多いと思います。

汗をかくので水分ばかりとってしまったり、食欲がわかなくて食べずにいたら体力が落ちてしまった、なんてことが原因だと思うのですが、そうなった時にアドバイスとしてよく言われるのが「ウナギを食べると元気が出るよ!土用の丑の日に食べてみたら?」という言葉です。

昔から言われている言葉なので、ウナギには栄養がたくさんあるのかな?くらいにしか受け止めていなかったという人も多いのではないでしょうか。

皆さんも知らなかった土用の丑の日の発見があるかもしれませんよ♪

2021年の土用の丑の日はいつ?

今年2021年の土用の丑の日は7月28日です。

実は毎年のこの土用の丑の日は夏土用と言って、1年の中には他にも春土用・秋土用・冬土用があります。

各季節の変わり目にあたる、立春・立夏・立秋・立冬の直前の、約18日間が土用の日と呼ばれています。

 

2021年の土用の日

冬の土用
1月17日(日)~2月2日(火)

春の土用
4月17日(土)~5月4日(火)

夏の土用
7月19日(月)~8月6日(金)

秋の土用
10月20日(水)~11月6日(土)

土用の日は、年に1回ではなく、4回あるということは知らなかったという人がおられるかもしれませんね。

土用とは?

「土用」とは、年に4回ある、暦の上では雑節のことを言います。(雑節とは、季節の移り変わりを掴むための暦の日)

なぜ土用が季節で分けられているのかというと、まず、中国の五行思想を説明しておかないといけません。

土用とは、中国の五行思想から生まれた言葉。五行思想とは、中国から発したもので、この世のすべてのものは「木・火・金・水・土」からなると考えられました。

その思想から、季節を五行の「木・火・金・水・土」に当てはめると、

木=春
火=夏
金=秋
水=冬
土=?

最後の土が余ることから、各季節の境目を「土」としてしまったそうです。余ったから、という理由にびっくりですね。そこから、各季節の変わり目にあたる、立春・立夏・立秋・立冬の直前の約18日間のことを土用と言うようになりました。

土用の丑の日とは?なぜ毎年変わる?

「土用の丑の日」は、夏土用のなかの、丑の日ということです。

では毎年どのようにして土用の丑の日は決められているのでしょう?

日にちは、十二支子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(うさぎ)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(いのしし)と、12日で分けられるので、夏土用の18日のなかで干支の12日が一巡すれば、2回目の丑の日があるということになりますね。(丑の日が2回ある場合は一の丑、二の丑と言います

また、季節の変わり目である土用は、具体的に言うと立春・立夏・立秋・立冬の日の18日前から始まるのですが、この暦は黄道(星のめぐりを元に考えられた道)をもとに考えられた暦なので、毎年微妙に立春の日にちが変わってくるのです。

毎年の土用の丑の日が違うのは、基準となる立春の日が毎年違うから、また、干支の12日が365日で割り切れないということが合わさって毎年変わることによるそうです。

なぜウナギを食べるの?

ではなぜ「土用の丑の日」=「ウナギを食べる日」というイメージが定着したのでしょう?

諸説ありますが、それは江戸時代までさかのぼります。

当時発明家だった平賀源内が売上が落ちて困っているウナギ屋に頼まれて「本日、土用の丑の日」と書いた看板を出したところ評判になり、他の店も真似をして広まったのが由来と言われています。

しかしもともと土用は季節の変わり目で、体調を崩しやすい時期でもあったのでエネルギーの代謝に関わるビタミンB群や、紫外線対策や老化を予防するビタミンE、皮膚や粘膜を健康に保つビタミンAが豊富に含まれているウナギを土用に食べるという習慣は、夏バテ予防や免疫力向上にはピッタリだったと言えますね!

季節の変わり目に体調を崩しがちな人は、夏の土用だけに限らず他の季節の土用にもウナギを食べるというのもいいかもしれません。

「う」がつくものを食べる

そもそも「丑」にちなんで「う」のつくものを丑の日に食べると体に良いという俗説が昔からあったようで、それでいくと「うどん」「うり」「ういろう」などでもオッケーだったはずですが、ここまで「ウナギ」が定着したのはひとえに平賀源内のキャッチコピーのおかげと言えるでしょう。

食べ合わせが悪いものは?

昔から、一緒に食べては害があると信じられている食べ物の組み合わせを「食べ合わせ」と言いますが「ウナギ」と「梅干し」はかなり有名ですよね。

これはウナギの脂と梅干の強い酸味がぶつかって消化不良を起こすという説がありますが、実際一緒に食べてみても全然なんともなかったという人もいるので、あまり強い根拠はなさそうです。しかし夏バテで胃腸が弱っているという人は避けた方が良い組み合わせなのかもしれませんね。

逆にウナギと相性が良い食べ物は、ウナギの脂っこさを中和してくれるビタミンCを多く含んでいる野菜や、味をまろやかにしてくれるなどがあるようです。

ウナギを食べる時は、野菜サラダを添えたり、う巻きにして食べると体に良いということですね。

まとめ

小さい頃は「”どようのうし”の日なのになんで土曜じゃないんだろう?」と思っていたくらい意味を知らなかった「土用の丑の日」ですが、今回調べてみてたくさんの事がわかりました。

今年の土用の丑の日には、改めて意味を考えながらウナギを食べたいと思います♪

タイトルとURLをコピーしました