ライフスタイル

二十四節気とは?簡単に説明します!暦の上では夏ですの意味は?

立春や夏至、冬至といった季節にちなんだ言葉を聞いた覚えがありませんか?

天気予報などでもよく出てくるこうした言葉は、二十四節気(にじゅうしせっき)と呼ばれる季節の名称です。

「暦の上では立春です(夏至です)。」などという台詞も、二十四節気に関係しています。

二十四節気とはどんなものか、春夏秋冬の節気を紹介しますね。

天気予報を見ていて「暦の上では~」という話になっても、この記事の内容を読むと理解が深まりますよ。

 

 

二十四節気の意味を簡単に

二十四節気は、天気予報などで聞いたことがあるけど、よく知らないという人も多いかもしれません。

簡潔にご説明しようと思います。

二十四節気は、中国で始まった暦の名称です。二十四節気が生まれる前、古代中国では太陰暦が使われていました。太陰暦は、月の満ち欠けに基づいた暦です。太陰暦の困ったところは、太陽の位置とはズレているところ。それでは農作業に暦を上手く活かせないため、1年を24に分けた二十四節気が考えられたのです。

二十四節気は、1年を12の中気と12の節気に分けています。太陽が黄道で動く角度を15度ごとに分けると、24分割。1年を24分割すると約15日となり、二十四節気では1つの暦の日数を表しています。

簡単に言うと、1年を24の区分に分けたものが二十四節気です。これだとちょっとざっくり過ぎるかも知れません(汗)以下に詳しくご説明します。

「暦の上では今日から夏です」と言われるのはなぜ?

二十四節気では、例えば立春なら2月4日頃です。立春の意味は春の始まりですが、実際には2月3日といえばまだまだ寒い時期ですよね。むしろ1年で一番寒いといってもいい頃に、春の始まりといわれても「えっ?!」と耳を疑ってしまいます。

天気予報などでよく聞かれる、「暦の上では、今日から〇〇です。」というセリフ。これは、「二十四節気という暦の上では今日から春を意味する立春です。けれど、実際にはまだまだ冬という感じですよね。」と前置きしているわけです。何となく聞き流していた人も、二十四節気があることを知ると、「そうか。今日から立春か。」などと季節の流れを意識することができるのではないでしょうか。

一年の節気とはいつ?

1年を24に分けている、二十四節気。春夏秋冬の節気は、それぞれ6つに分かれています。

春の節気

・立春(りっしゅん):2月4日頃

暦の上では、立春から春が始まります。二十四節気の最初の節気でもあり、1年の始まりですね。春一番は、立春の後に初めて吹く南風をいいます。

・雨水(うすい):2月19日頃

雪解けを意味し、雪がとければ、すっかり春です。

・啓蟄(けいちつ):3月6日頃

虫が土の中から顔を出す啓蟄は、春になって生き物も活動を始める時期を意味しています。

・春分(しゅんぶん):3月21日頃

春分を境に陽が延びていき、春分は昼夜がちょうど同じ長さになる日です。

・清明(せいめい):4月5日頃

世の中のあらゆるものが、清らかに活き活きとしている様を示しています。

・穀雨(こくう):4月20日頃

春の雨に恵まれて、作物がよく育つ様子を表しています。

夏の節気

・立夏(りっか):5月6日頃

暦の上では夏となるのが、立夏から大暑です。新緑が気持ちよく、さわやかな季節です。

・小満(しょうまん):5月21日頃

草木が茂り、田植えが始まる時期です。秋蒔きの麦が穂をつける頃でもあり、小さな満足という小満と呼ばれています。

・芒種(ぼうしゅ):6月6日頃

田植えの最盛期で、農家の繁忙期。梅雨入りし始める頃で、夏らしさが出てきます。

・夏至(げし):6月21日頃

1年のうち、最も日が長いのが夏至です。暦の上では、夏至から夏の後半戦。暑さが本格的になってくる時期です。

・小暑(しょうしょ):7月7日頃

暑さが少しずつ増していくという意味で、暑中見舞いを出し始める時期でもあります。

・大暑(たいしょ):7月23日頃

いよいよ夏本番で、夏バテ防止にうなぎを食べる土用の丑の日もやってきます。

秋の節気

・立秋(りっしゅう):8月7日頃

暦の上では、秋が始まる立秋。立秋以降は、暑中見舞いではなく残暑見舞いとなります。

・処暑(しょしょ):8月23日頃

暑さがおさまる意味の処暑には、昼間は暑くても夕方以降には秋の気配が感じられます。

・白露(はくろ):9月8日頃

草花に朝露がつくほど、秋が深まってくる時期です。

・秋分(しゅうぶん):9月23日頃

秋分には、昼夜の長さが同じになります。秋分を過ぎると、本格的な秋です。

・寒露(かんろ):10月8日頃

冷たい露が降りるようになる時期で、作物の収穫期です。

・霜降(そうこう):10月23日頃

霜が降りはじめ、すっかり晩秋です。

冬の節気

・立冬(りっとう):11月7日頃

暦の上では、立冬から大寒までが冬。木枯らしも吹くようになり、日中でも肌寒さを感じます。

・小雪(しょうせつ):11月22日頃

いよいよ雪が降り始めて、冬に入ろうかという時期です。

・大雪(たいせつ):12月7日頃

雪が多くなってくる時期で、本格的に寒くなってきます。

・冬至(とうじ):12月22日頃

1年のうち、最も夜が長い日です。逆に昼が最も短い日でもあり、寒さが応えます。この日、ゆず湯に入るのは厄払いや無病息災を願ってですが、体を芯から温める意味もあります。

・小寒(しょうかん):1月5日頃

寒の入りといわれ、寒さの始まりを意味してます。寒中見舞いを出し始めるのも、小寒からです。

・大寒(だいかん):1月20日頃

寒さの厳しい時期ですが、大寒を過ぎれば春。味噌や酒など、寒さを利用した飲食物を仕込む時期でもあります。

まとめ

二十四節気は、実際の体感とは違いがあるとはいえ古来から受け継がれてきた大事な暦です。伝統的な風習にまつわる意味もあり、覚えておくと1年を細かい季節に分けて楽しむことができますよ。

昔は、二十四節気は農業を行う上でとても重要な指標でした。日常の知恵として、また昔ながらの風習にならうという意味でも、二十四節気を意識しておくのはとても重要だと思います。

季節の事柄と言うのは、意識しないと覚えられないということもありますよね。

ぜひ参考にされてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました