ライフスタイル

帰省した時に食べたい料理!ホッとする料理は何をリクエストする?

今度帰省したら、なつかしいあの味が食べたいな~。と思うことがありませんか?ありふれた料理なのに、実家の味は唯一無二。また、実家でしか出ないオリジナル料理があるという人もいるでしょう。帰省したときに食べたいホッとする料理について、ちまたの意見を調べてみました。

ほっとする実家の味って?

実家の味って、無性にほっとしますよね。ハンバーグやカレーなど、どこでも食べられそうなメニューでも実家の味は一味違います。実は、料理上手な親のもとで育ったわけではなくても実家の味はほっとするもの。理由は、食べ慣れていて「おいしい」「ほっとする」という体験がしみついているからです。

だからこそ、疲れたときや辛いときには実家の味が恋しくなります。ほっと一息ついて、楽になりたいからです。この現象は、日本だけでなく万国共通。保護されている子供時代に食べた味は、生涯忘れることがないものです。そんな実家の味がなつかしくなったら、体や心が「帰省すべし」と言っているのかもしれませんね。

すぐに帰省して実家の味に出合えればよいのですが、思うように帰省できないときもあります。なつかしい味が頭に浮かぶのにすぐに食べられないとなると、ストレスがたまってしまうでしょう。深刻な事態にならないうちに、解決したいですね。

帰省して食べたいものベスト5!

帰省して食べたい実家の味、ベスト5を紹介します。家庭によっていろいろな味がありますが、トップランクに上がってくるのはやはりみんなに共通したメニュー。現代ならではのメニューが挙がっていることも、見逃せません。

No.5 味噌汁

味噌汁の味は、地方や家庭ごとに違います。だしや味噌の種類、実家でよく出た具など、舌が覚えている味があるものです。だしも味噌も微妙な分量で味が違ってしまうので、実家から独立しても再現できるように配合を教わっておいたほうがよいでしょう。

No.4 煮物

便利な調理器具がどれほど普及しても、煮物を上手く作るのはそう簡単ではありません。味の染み込み具合や具材の食感など、実家の味は大人になっても好みの味として定着しています。子どもの頃、煮物は苦手だったという人でも成長してふと煮物が食べたくなったときに満足できるのは実家の味。レシピやコツを早めに聞いておいたほうがよさそうです。

No.3 ハンバーグ

https://twitter.com/yakoco/status/1380503489013444608

家庭の洋食といえば、ハンバーグが断トツ人気。子どもが大好きなメニューということもあって、実家の思い出の味として挙げる人が多いです。デミグラスに和風など、ソースをアレンジして頻繁に出せるのも家庭料理として便利。実家ならではの得意アレンジがあって、定期的に食べたくなります。

No.2 カレーライス

本来は渡来食なはずのカレーが、和風にアレンジされて日本食として認知されています。実家のカレーは、給食のカレーと並んで思い入れがある人が多数。使う市販のルーからして、こだわりがありますよね。

No.1 おにぎり

日本人のソウルフードともいえるおにぎりは、誰でも一度は食べたことがあるでしょう。お母さんが握ったおにぎりは、塩加減が絶妙だったり形がちょうどよかったり、他では再現できない独特の味があります。

帰省したいけどできない…どうする?

実家の味がなつかしい…すぐにでも食べたい!となったとき、帰省できればよいのですがそうもいかない人もいるでしょう。そんなときどうすればよいか、アイディアを紹介します。

送って!とねだって宅配してもらう

実家にねだってなつかしの味を送ってもらえば、間違いありません。カレーや煮物など、クール便で送ってもらっているという人は珍しくないようです。ただし、送ってもらえない料理もあるので、無理にお願いするくらいなら帰省できるようにしたほうがいいですね。実家の味をなつかしがることを喜んでもらえるのも、親孝行の一種。適度に甘えて、ほっとする味を堪能しましょう。

実家のレシピを教えてもらう

実家のレシピを教えてもらって、自分で作る手もあります。料理が好きな人はもちろん、ふだん料理をしない人もチャレンジしてみるとよいでしょう。一度で上手くできなくても、問題ありません。何度も挑戦するうちにやっと実家の味を再現できたとき、育ててもらった思いも湧いてくるでしょう。レシピを教わるときは、作るときのコツも聞いておくといいですよ。

実家に近い味を出す外食店を探す

料理をするのはちょっと…作る時間がない…という人は、実家の味に近い飲食店を探してみるのも1つの手です。そこまでして食べたい料理でもないということもあるかもしれませんが、ふとしたときに実家の味に似ている料理が見つかったら感動ものです。そんなお店への思い入れができて、また新しい思い出が生まれるかもしれません。

まとめ

実家の味がなつかしいと思えること、実家の味にまた出合えてほっとできるのは幸せなことです。身近な幸せを叶えれば、エネルギーを供給できそう。疲れたな…、ほっとしたいな…と思ったら、実家のなつかしい味を思い出してみませんか?

タイトルとURLをコピーしました