季節

ちとせあめの由来とは?製造方法や成分やカロリーも!

七五三に欠かせないものと言えば、「ちとせあめ」。

秋になると神社で着物を着て「ちとせあめ」を持って歩いている子供達を見ると、こちらまで幸せな気持ちになりますね♪

そんなちとせあめですが、由来製造方法はご存じですか?

今回は、ちとせあめについてご紹介します。

もし、子供に聞かれたときに答えられるように一緒に学んでいきましょう♪

ちとせあめとは?

まず最初に、ちとせあめとは何?という疑問から解決していきましょう。

ちとせあめは、字の通り「飴」です。

「飴」は伸ばすとどこまでもどこまでも伸びていきます。そのことから、長寿を連想させるということで縁起物とされているのです。

主に、新生児や七五三のお宮参りのときに縁起物として売られており、最近では、七五三の時期が近くなると幼稚園や保育園からお祝いとして頂けるところもあるようですね。

紅白の細長い棒状の飴になっているのが特徴的なのですが、ちとせあめにはルールがあるようです。

・長さは1メートルまで
・太さは15ミリ

このルールを守ってつくられたのがちとせあめです。

ちとせあめはが入っている袋は、多くは松竹梅や鶴亀などを色刷りにした袋に入れてあります。

この袋をもっていると、子供自身もシャキッとした感じになりしっかりしたお兄ちゃん・お姉ちゃんになったように見えます。

不思議な力ですね~♪

七五三で贈られるようになった由来は?

続いては、ちとせあめが七五三で贈られるようになった由来についてご紹介しましょう!

江戸時代の元禄の頃、浅草の七兵衛さんという飴売りが浅草寺の中で、紅白に色を付けして長く伸ばした飴を「千年飴」として売り出していたという説があります。

紅白の色や長い飴の形状が長寿・長生きを連想させるとして、「千年飴」は人気を集めていきました。

七五三祝いの飴の袋に「千歳飴」と書かれているのは、浅草の七兵衛さんが売り出していた「千年飴」に由来すると言われています。

ちとせあめの製造方法は?

縁起物として人気のちとせあめ。地域や製造場所によって少しずつ製造方法は違うようですが、ここでは基本的な製造方法をご紹介したいと思います!!

【基本的な千歳飴の作り方】

  • まず、砂糖と水あめを約140℃まで熱し、煮詰めます。
  • 次に煮詰めたものを、鍋から取り出して平らにして冷まします。
  • そして、製白機(何層にも折り返してくれる機械)に入れ、飴に空気を混ぜ込んでいきます。
  • ほそーく長く伸ばし、適当な長さに切りそろえます。
  • ちとせあめの完成です。

製白機に入れ、飴に空気を混ぜ込む作業で飴の色が乳白色に変わります。

その作業により、千歳飴独特の食感と美味しさが出来上がるのです♪

成分やカロリーは?

最後に「ちとせあめ」の成分やカロリーをご紹介します。

不二家 千歳飴

不二家の千歳飴は、れん乳&北海道産の生クリームを使ってあるミルキー味の千歳飴です。

子供が大好きな味ですね♪

色は天気の晴れの日にぴったりという紅白をイメージしてあり、ピンク色の千歳飴に仕上げてあります。

内容量:28グラム
カロリー :113kcal
成分:水あめ、砂糖、加糖練乳、生クリーム(乳成分を含む)、食塩、乳等を主原料とする食品/香料(乳由来)

幼稚園や保育園などから七五三のお祝いで配られる千歳飴は、不二家の千歳飴が多いという声を耳にしました。

現代では、不二家の千歳飴が主流になっているのかもしれませんね♪

京の飴工房 岩井製菓 千歳飴

【七五三】千歳飴箱入り 3本入り(赤・白・紫)の千歳飴。

原材料となる水飴は、とうもろこしやじゃがいも、さつまいもの澱粉より精製されたものが使用してありますよ♪

成分:白(赤ライン)【ミルク味】グラニュー糖、水飴、全脂粉乳、着色料(ラック)

飴紙巻きさらし 千歳飴 (飴職人:太田さん製)

昔ながらのさらし千歳飴で、人気があります。

成分:水飴、砂糖、澱粉、(赤のみ)野菜色素
※乳製品は使用しておりませんので乳アレルギーの方でも大丈夫です。
しかし同じ製造ラインで卵、大豆の使用があるのでご注意ください。

まとめ

今回は、「ちとせあめ」についてご紹介しました。

今年の七五三は、2021年11月15日です。

この日が近くなると、神社には着物姿に「ちとせあめ」を持った笑顔の子供達の姿がたくさん見られるでしょう♪

この記事を読んで、すこしでも「ちとせあめ」が身近に感じることが出来てくれたら嬉しいです♪

素敵な七五三になりますように。

タイトルとURLをコピーしました