ライフスタイル

小学校の入学式で下の子は連れていく?預ける?連れていく場合の注意点も!

桜が満開になってきた今日この頃、

新しいランドセルを背負って、

桜の木の前で写真を撮っている新一年生の姿

多く目にするようになってきましたね♪

新一年生はもちろん、

写真を撮っている親御さんの笑顔を見ると、

こちらまでほっこりした優しい気持ちになります。

入学式を間近に控え、

色々と準備することや考えることなど、

たくさんあると思いますが、

「入学式に下の子を連れてっていいのかな?」
「赤ちゃんを連れて行くと、嫌な顔されてしまう?」

などの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな悩みを抱えている方の気持ちが、

少しでも軽くなるように

情報をまとめていきたいと思います。

是非、ご覧ください♪

下の子を預ける人は多い

まず、第一の選択に預けようと思う人はきっと多いのではないでしょうか?

筆者もその一人で、

預けるという選択を一番に考えます。

祖父母や近くに住んでいる親戚、

普段から子供と関わりのある友人などに

預けているという話をよく聞きます。

また、その日だけ限定で利用できる託児所が周りある人は、

託児所などを利用しているようです。

ただ、託児所を利用する場合は、

料金がかかりますが、

下の子を預けているので、

周りの人に気を使うことなく参加ができますね。

理由は?

それではなぜ、

下の子を預ける人が多いのでしょうか?

学校でさまざまだと思いますが、

入学式の大体のスケジュールをまとめてみました。
(今の世の中の状況では、短縮化されている可能性があります。)

①子供と一緒に学校に行き、クラスを確認し教室へ
②体育館に行き、入学式へ
③子供達が体育館でクラス写真を撮る
④親が集まりクラス役員を決める
⑤教室に戻り、教科書などの確認
⑥先生からの挨拶
⑦帰宅
このスケジュールだと、

大体2時間前後はかかります。

2時間前後おとなしくできる

幼児・赤ちゃんはそんなに多くないでしょう。

特に小さい子は泣き声が響くから、

周りの人に迷惑をかけてしまうから心配という声が多いようです。

また、赤ちゃんだと、

おむつ替えやミルクなどで

一旦席を外さなければいけない場合もあるかもしれません。

学校内には、

おむつ替えをできる場所があるところは少ないと思うので、

そういった心配も出てきてしまいますね。

そのため、

下の子を預けて入学式へ参加をするといった方が多いようです。

連れて行くのもアリ!

入学式などで、

下の子を預ける人が多いという一方で、

「連れていきたい。」

「預けられる人、場所が近くにない」

という方もいるはずです。

そういった方たちは、

入学式に一緒に連れて行くという選択肢しかありません。

そういった場合は、

選択肢は一つしかないのですから悩まずに、

プラスに考え対策を一緒に立てていきましょう!!

まず、下の子を連れて行ったからといって、

みんながみんな嫌な顔をするわけではありません。

なぜなら入学式に参加している親も、

子育てを経験しているのだから

子供がクズるのは理解しています。

嫌な顔をされる原因は、

子供がぐずった時に、

きちんと親が対処・対策をしていないからではないでしょうか?

この対処・対策をすれば、

そんなに気にせず入学式を無事に過ごせるはずです!!

対処・対策、注意点は?

では、対処などについて考えていきましょう。

①入学式の座る位置

入学式の座る位置は、

だいたいクラスごとのブロックで分かれていることが多いようです。

人気の席は、

自分の子供の写真を撮りやすい「前の方の席」だと思います。

本当はそこに座って写真を撮ってあげたいですが、

今回は我慢をして

一番後ろの席や、後ろの方の端の席に座ることをお勧めします。

理由は、クズった時に立ってあやしたりしやすいからです。

もし、自分の後ろの席に人がいる場合、

立ってしまうと迷惑をかけてしまいます。

そして、グズりがひどい時には、

体育館を出なければなりません。

後ろの席の場合は、

前の席より目立たずに行動ができます。

②小さいぬいぐるみや赤ちゃんの場合はおしゃぶりを持たせる

入学式は、

長時間椅子に座るため子供は飽きてしまいます。

お気に入りの小さいぬいぐるみや

赤ちゃんの場合はおしゃぶりを持たせるのも良いのではないでしょうか?

小さいぬいぐるみを持たせた場合は、

 

「このぬいぐるみと一緒にいい子に座っていられるかな?」
「ぬいぐるみと一緒ならきっといい子に座っていられるね♪」

 

魔法をかけて、

子供のご機嫌を取るのも一つの方法だと思います。

ただ、あまり目立ちすぎたり音が鳴るものは、

迷惑がかかるので注意してください。

③授乳やミルク、おむつ替えができる場所があるか事前に確認する。

赤ちゃんの場合は、

いつグズリ、いつおむつ替えが必要になるかは予想がつきません。

その時に慌てないように、

事前に授乳やミルク、おむつ替えができる場所などを確認しておいて損はないと思います。

もし、そのような場所がない場合は、

次の対策が取りやすいのでぜひお勧めします。

入学式に下の子を連れて行った体験談

実際に2年前に入学式に出席したのですが、

ご両親で参加していた家族もいれば、

母親だけというところや、祖父母も一緒に来ていたり、

などみなさん様々な家族構成で参加していました。

筆者は、私・当時年少の子供・祖母で参加し、

「子供がグズってしまったらどうしよう…。」

とドキドキしながら入学式の会場の体育館へ行きました。

そして座った席は、

狙っていた後ろの方の端の席です。

その席が見事に空いていたので、

一安心しました。

当日は子供はグズってしまうことなく、

入学式を無事に過ごせました。

何人か小さい子供の泣き声が聞こえましたが、

親御さんがきちんと対処をしていたので、

その親子も注目されることはなく、

どの子が泣いていたのかもわかりませんでした。

やはり、

対処などをしている親に対しては嫌な顔をする人は少なく、

「どこの家の子が泣いているの?」などと、

わざわざ見つける人は居ないと思います。

下の子を一緒に連れて行こうと思っている方は、

是非参考にしてみてください。

まとめ

今回は、

「入学式に下の子は連れていく?赤ちゃんは大丈夫?」といった悩みについて

情報をまとめました。

この記事を読んで

悩みを抱えている人たちの気持ちが

少しでも軽くなれればうれしいです。

その子の小学校の入学式は人生で一度だけなので、

不安な気持ちは出来るだけ少ない状態で、

参加したいですよね。

記事を読んでいただいた方の入学式が

素晴らしい日になりますように♪

ご入学おめでとうございます!

タイトルとURLをコピーしました