季節

母の日と父の日を合同でお祝いしよう!ペアギフトは何がいい?

5月は母の日、6月になると父の日が来て、お祝いを考えるのに忙しくなりますよね。

母の日はともかく、父の日は何をプレゼントしたらいいかわからない!と頭を抱える人もいるでしょう。

そこで提案したいのが、母の日と父の日を合同でお祝いすること。

プレゼントもペアギフトにすると、選びやすいですよ。

合同でお祝いするのはアリなの?

母の日と父の日を合同でお祝いするのは、アリです!

むしろ、従来の母の日や父の日よりサプライズなお祝いに感じてもらえる期待があります。

 

実際に親になってみると、母の日や父の日にあらためて感謝されるのは照れくさいもの。

メチャクチャ期待しているというお母さんやお父さんより、「そういえば、今日は母の日だったっけ。」くらいに意識が薄い人のほうが多かったりします。

ただし、メリットがある一方でデメリットもあることは頭に入れておきましょう。

合同でお祝いするメリット

母の日と父の日を合わせてお祝いできると、準備の手間や経費を余計にかけずに済みます

どうやってお祝いしたらいいか迷いに迷って準備したのに、ピントが合っていなくてあまり喜んでもらえなかったなんてショックですよね。

 

合同のお祝いなら、楽しけりゃいいじゃないか!と盛り上がる可能性が高め。
「母の日はあんなに盛大だったのに、父の日はイマイチな準備じゃないか…。」

などとガッカリされることもなくなります。

 

特にお父さんには、父の日をお祝いされるのが恥ずかしくて逃げてしまう人も。

照れずに感謝の気持ちを受け取ってもらうには、母の日と父の日の合体祭りのほうが気楽かもしれません。

合同のお祝いにはデメリットも

母の日と父の日を別々にお祝いする場合は、1ヶ月ちょっと期間が空くのがメリットです。

金銭的な事情や時間の都合など、予定をつけやすいでしょう。

 

しかし、合同でお祝いする場合は一度にダブルの出費がくる感じになります。

上手に節約できればよいのですが、どちらにも均等に喜んでほしいといつも以上に奮発してしまう人もいるかもしれません。

 

そのうえ、両親が2人同時に集まるのが難しいとなると問題です。

細かいことを気にするご両親の場合、どちらかというと自分寄りのお祝いではないなと感じてしまう可能性もあります。

合同でのお祝いに誘ったにもかかわらず、どちらかが参加してくれないとなったら、準備した側も悲しすぎますよね。

贈り物をするのはいつがいい?

プレゼントを一緒に贈れるのも、母の日と父の日を合同でお祝いするメリットの1つです。

いつ贈ればいいか迷ったら、先に来る母の日にしてみてはいかがでしょうか。

父の日まで待って、「贈り物はなしかな…」とモヤモヤされるよりは早くに喜んでもらえるほうがスッキリしそうです。

ペアギフトの選び方は?

母の日と父の日の合同のお祝いでおすすめなのは、ペアギフトです。

これなら、何を贈ったらいいかと悩み抜くことも少なくなりそうですね。

 

ペアギフトに何を選ぶかは、日常的に使ってもらえるものにするのがポイント!

というのも、よほど仲の良いご夫婦でないと、外で使うものがペアだと気付かれるのに照れてしまうからです。

恥ずかしいからとなかなか使ってもらえないのでは、プレゼントした甲斐がありませんよね。

 

自宅で何気なく使えるようなものなら、せっかく贈ったのにしまい込まれてしまう心配はありません。

ペアで贈っても、それぞれが何気なく使えればいいのです。

ペアギフトのオススメ商品

おすすめのペアギフト商品をいくつか挙げてみますね。

飲み心地のいい湯呑みやグラス

ペアギフトの中でも人気なのが、湯呑みやカップ、グラスです。

ご両親がよく飲む飲み物に合わせて、選んでみるのもよいでしょう。

そっくり同じのペアもあれば、色柄が少しだけ違うペアもあります。

使うシーンや時間帯が違っても、「そういえば、わが子がプレゼントしてくれたんだっけ。」と思い出してくれることも多いはずです。

 

 

日本人の食事に欠かせないお箸

お米をあまり食べない人でも、食事のときにお箸を使うことが多いのは日本人ならでは。

頻繁に使うことが多いだけに、贈り物に最適です。

お弁当用のお箸を選んだり、名入れをしてもらうのもありですね。

 

 

夫婦茶碗やペアの食器

夫婦茶碗も、ペアギフトにおすすめです。

プレートにお父さんやお母さんへおメッセージを入れて贈るのも、感謝の気持ちを伝えやすいプレゼントです。

パスタやカレーなどの単品洋食で食事を済ませる人も多いため、プレートのほうが目にしやすいこともあるかもしれません。

 

 

外出時には必携の財布

デジタルでの支払いも増えてきましたが、財布を持たずに出かける人はまだまだ少ない日本。

別々に行動していても、それぞれがペアのお財布を使っているなんて素敵ですよね。

 

 

まとめ

母の日と父の日を合同でお祝いする企画は、増えつつあるようです。メリットもデメリットもありますが、せっかくお祝いするならメリットが優先するように企画したいですよね。ご両親に同じくらい感謝の気持ちを伝えて喜んでもらえたら、最高にハッピーなこと。家族みんなで楽しいお祝いごとにできるよう、考えてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました