ライフスタイル

産休に入る方へのお祝いメッセージ!無難な書き方の例文をご紹介

スポンサーリンク

産休に入られる方が、最終出勤日などにあいさつ回りや、メールを送ることがありますが、

その際どんなメッセージを送ったらいいか悩むことありますよね。

「まだ、おめでとうは早い?」とか「頑張ってと言っていいもの?」など

疑問がたくさんありますし、相手との距離感でも変わってきますよね。

今日は、いろいろなパターンでお祝いメッセージを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

マナーとして大事なこと

お祝いの言葉を送るのに、相手に気を悪くさせるような言葉を

送ってはお祝いの言葉になりません。

なので、マナーはまず抑えておきましょう。

①縁起の悪い言葉は避ける

これは当たり前のことですが、意外と何気ない一言が相手にとっては

縁起が悪いと受け取られてしまうこともあるそうです。

②退職させられる?と思うような言葉は投げない

「今までありがとう」や「お疲れさまでした」などは、これから

長い産休に入る方にとっては、退職するような気持になってしまいます。

なので、できるだけそういった言葉は使わないようにしましょう。

③性別は決めつけないこと

よく会話の中で、性別がわからないときどっちがいいかと話すことはあると思いますが

それを引きずって「男の子だといいね」「女の子がいいね」などはかえって

失礼になることもあります。できるだけ性別の話は避けましょう。

④期待を込めたメッセージはやめましょう

産休に入るからと言って、必ず子供が生まれるという保証はなく、

生まれるまでなにがあるかわからないのが出産です。

「絶対元気な子生んでね」や「生まれたら顔見せてね」などは、プレッシャーになって

しまうので気を付けましょう。

⑤長くなりすぎない

自分の体験談などをメッセージで送っても必ずしも同じ通りになるとは

限らないですし、内容によっては不安になってしまうかもしれません。

なので長々しく書かず簡潔にメッセージを送りましょう。

スポンサーリンク

無難なメッセージ例

では、上記のマナーを踏まえてどんなメッセージを送ったら良いのでしょうか?

先輩や後輩、同僚や友人などさまざまなパターンで例を書いてみました。

先輩の場合

・〇〇〇さん、おめでとうございます。
いつも〇〇〇さんには、仕事で助けてもらっていたので会えないのはさみしいですが
戻られたときに少しでも成長しているようにがんばります。
・〇〇〇さん、おめでとうございます。
いつも仕事の悩みなど聞いていただきありがとうございます。身体に気を付けて
また会える日を楽しみにしております。
・〇〇〇さん、おめでとうございます。
産休直前まで引き継ぎなので忙しくしてしまいましたが、丁寧に教えていただき
ありがとうございました。これからは、自分の体とお腹の赤ちゃんとの
時間を大切に過ごしてください。また一緒に働ける日を楽しみにしております。

後輩の場合

・〇〇〇さん、おめでとう!
いつも、丁寧に早く仕事をしてくれてありがとう、助かっていました。
何かあれば話聞くのでいつでも連絡してね。
・〇〇〇さん、おめでとう!
とても慕ってくれていたので、さみしいですが無事に生まれてくることを
祈っています。また、落ち着いたら顔見せに来てね!
・〇〇〇さん、おめでとう!
仕事熱心だから、産休中もきっと仕事のことが気になってしまうかもしれないけど
私たちに任せて今はゆっくり大切な時間を過ごしてね。
復帰したらぜひ、力を貸してください。

同僚の場合

・〇〇〇さん、おめでとう。
聞いたときは自分のことにうれしかったよ!また一緒にランチしようね。
身体に気を付けてね!
・〇〇〇さん、おめでとう!
〇〇〇さんと一緒に働くのがとても楽しかったよ!ママになっても
また一緒に働ける日が来るのを楽しみにしているね。何かあったときは
話聞くからいつでも連絡してね。
・〇〇〇さん、おめでとう。
〇〇〇さんのおかげで、仕事ここまで頑張れたよ。ありがとう!
戻ってくる日を楽しみにしているね。

友人の場合

・〇〇〇ちゃん、おめでとう!!
初めて聞いたとき、本当にうれしくて私も泣いちゃった!
これからはママとして、また一緒に大切な時間を過ごそうね。
一旦、仕事お疲れ様★
・〇〇〇ちゃん、おめでとう!
仕事も同じでたくさんの話を共有できてうれしかったよ。
身体大事にしてまた、落ち着いたら仕事仲間としてもよろしくね!
・〇〇〇ちゃん、おめでとう!
いつか、どっちが先に生まれるかななんて話をしていたよね!
同い年の子供でとってもうれしいです。
生まれたらたくさんお出かけしようね!
身体に気を付けて、赤ちゃんとの時間を大切に過ごしてね。
悩んだときはお互い話し合おうね。
スポンサーリンク

まとめ

産休に入る方へのメッセージをまとめてみました。

メッセージと一緒にプレゼントもよく渡す機会が多いと思いますが、

意外と好みもわからないことがありますよね。

個人的にですが、私が産休に入った時も職場の人は何をプレゼントしようか

迷ったようで、「ショッピングサイトの商品券」をいただきましたが

一番良かったかもしれません。ぜぴ、プレゼントを添えるときの

参考になればと思います★

タイトルとURLをコピーしました