季節

松脂を簡単に落とす方法は?手・服・床についたヤニはアレで落ちる!

盆栽や庭木のお手入れをしたり、フラワーアレンジメントに松を使ったりしたとき、気になるのが松ヤニです。

弦楽器を弾く人は、弓に使う松ヤニが手につくのも気になりますよね。

私のように「松ヤニ」と聞いただけで、嫌だという人もいるかも知れませんね。

ベタベタを石鹸で洗い落そうとしても、なかなか落ちないもの。

実はどこの家にもありそうな「ある物」を使えば、手や服、床についた松ヤニを簡単に落とせるんですよ!

そのある物について、ご紹介したいと思います。

手に付いた松ヤニを取る方法は?

松とか松ヤニを触る機会はないから、関係ないと思う人もいるかもしれません。

でも実は、自然のある場所に出かけたときに知らぬ間についていたりするのが松ヤニの厄介なところです。

最近人気のアスレチックパークなども、松の木を使った遊具があるとヤニが付くリスク大!

髪についているのに、気付かないことも珍しくありません。

 

帰宅してお風呂に入ったのに、何だか嗅いだことのない妙なニオイがするとか、ベタベタした汚れが落ちないなんてことがよくあるのです。

無理に洗おうとすると、髪を傷めてしまうこともあります。

そんな困ったところのある松ヤニですが、水はもとより石鹸や洗剤でも落ちないならどうやって落としたらよいのでしょう。

 

ヒントは、松ヤニの主成分にあります。

松ヤニは、主に油成分からできていて、テレビン油やロジンという、独特のニオイがする油分です。

油を落とすときに役立つのは、アルコールやオイル消毒用のアルコールが家にあるというご家庭は多いですよね。

外出先にも置いてあることが多くなったので、外で松ヤニがついて困ったときは借りてみてください。

 

手荒れが気になる場合は、クレンジングオイルがおすすめです。

髪に付いてしまった松ヤニも、クレンジングオイルで試してみてくださいね。

クレンジングオイルは抵抗があるという場合は、椿オイルやオリーブオイルでもOKです。

アルコールやオイルで拭いた後は、石鹸や洗剤で洗っておきましょう。

 

他に、オレンジやみかんが家にあるときは、皮で手をこすってみると松ヤニが落ちます。

これは、オレンジなどの皮に含まれるリモネンの作用です。

アルコールやオイルを手に付けるのがイヤという方は、試してみるのもありですよ。

服に付いた松ヤニを取る方法は?

松ヤニが服に付いても、服の素材や色によっては目立たず気付きません。

髪や手に付いたときのように、すぐにベタベタして気持ち悪いと感じるとも限りません。

独特のニオイに、なかなか気付かないこともあります。

そのまま洗濯をしたものの、キレイにならない部分があっておかしいな~と首をかしげることになりそうです。

 

松ヤニが付いたとすぐに気付いたときはもちろん、後で松ヤニだったかも!と思いついたときも、アルコールやクレンジンングオイルを使って落としておきましょう。

服地が傷つかないように、直接つけてこするのではなく、コットンやハンカチなどにアルコールやクレンジングオイルを染み込ませて汚れをトントンとやさしく叩いてください。

落ちたかどうかわかりにくいかもしれませんが、ベタベタがとれたらOKのサインです。

一度洗濯してまだニオイが気になるようなら、もう一度アルコールかクレンジングオイルで軽く叩くのを繰り返しましょう。

 

ハンドボールなどのスポーツでは、ボールのすべり止めとして松ヤニを使います。

もしもハンドボールをやっている家族がいる場合は、ジャージやトレーニングウェアに松ヤニが付いている可能性が高いですよね。

他の洗濯物とは別にして、洗濯機にかける前にアルコールかクレンジングオイルで松ヤニ落としをすることをおすすめします。

 

アルコールでもオイルでも落ちない場合は、アイロンで温めて落とす方法もおすすめです。

布巾やキッチンペーパーなどを服の上に置き、その上からアイロンをかけます。

キッチンペーパーが燃えてしまわないように、調節しながらアイロンがけをしてくださいね。

ちなみに、お湯に浸けたり煮たりするのは松ヤニを余計に広げてしまうのでやめておきましょう。

床に付いた松ヤニを取る方法は?

松ヤニがどこかで体や服に付いてきて、床に落ちてしまうこともあります。

中には、無垢の松材を使った家具や床・壁などから松ヤニが染み出てくることもあり要注意です。

 

床や壁がベタベタしてきた!と思ったら、消毒用アルコールでスプレーしたり拭き掃除をしましょう。

その前に、たまった松ヤニは取り除いておくのが効果的です。

アルコールをスプレーしたら、汚していいタワシや雑巾でこすればOKです。

ただし、松ヤニが付いた部分で何度もこすってしまうと、さらに松ヤニが広がってしまいます。

フローリングの床などはワックスが剥げてしまうこともあるため、気を付けてください。

 

窓ガラスに松ヤニが付いてしまった場合も、同様の落とし方で大丈夫です。

ペットが床に付いた松ヤニを踏んだり、転がって被毛に付いてしまった場合は、クレンジングオイルで落とせます。

アルコールだと舐めてしまうのが心配ですから、なるべく安全なクレンジングオイルを使ってあげましょう。

松ヤニを落とした後はすかさずシャンプーをしてあげれば、もっと安心です。

まとめ

家の庭に松の木を植えていたり、お花屋さんで松を扱う人にとっては、松脂がとても嫌ですよね…。

私の家にも松の木があり、緑で癒してくれる半面、松脂がとても気になります。

先日は、子供がなぜか松脂をはさみ(しかも普通の)で切るという暴挙に走り、かなり焦りました。

その時は簡単に落とす方法を知らず、子供に何度も手を洗わせて、お風呂のお湯でごしごししましたね。この方法をもっと早く知っていれば良かったです。

ちなみにハサミは、カチカチになりダメになって捨ててしまいました。アルコールを使えば助かったかも…。こういうおばあちゃんの知恵袋のような知恵は、生活でかなり役に立ちますよね。

 

いまや、一家に1本あるのが当たり前のようになった消毒用アルコール。

松ヤニ落としにもこんなに便利に使えるなんて、ストックしがいがありますよね。

松ヤニが付いたらすぐに落とせるように、目に付く場所に消毒用アルコールを置くといいですよ!

タイトルとURLをコピーしました