季節

イースター 2021 期間はいつからいつまで,飾りつけ,定番の遊びは?

スポンサーリンク

バレンタインとホワイトデーが過ぎると、次のイベントはイースターという文化が日本でも広まりつつあります。カラフルな絵付けが美しい卵やかわいいウサギが、イースターのモチーフ。でも、イースターっていつ?と思った方は、2021年のイースターの期間や飾りつけのスタートについてチェックしておきませんか?

スポンサーリンク

2021年のイースターの日は?

イースターは、キリスト教でお祝いされる復活祭です。

救世主イエスが十字架にかけられた後、復活した日を記念したのがイースターなんですね。

処刑後、3日目に生き返ったと伝えられるイエス・キリスト。

実は、イースターは毎年日付けが変わるのが特徴です。

西方教会

イースターの日付けは、カトリック教会やプロテスタント教会ではグレゴリオ暦に基づいて決められます。

2021年の場合は、4月4日です。

我々は普段グレゴリオ暦を用いているので、4月4日ということになりますね。

東方教会

ギリシャ正教などの東方教会では、ユリウス暦い基づいてイースターの日が決まります。

2021年の場合は、5月2日です。

イースターの時期はいつからいつまで?

西方教会と東方教会といっても、キリスト教になじみのない人にとっては何のことやら理解しにくいですよね。

教会によって1ヶ月近くもイースターを祝う日が違うなんて、単純にイベントごととして盛り上がりたい場合はどちらを選べばいいのか迷ってしまうでしょう。

そんなときは、特定の1日を決めずにイースターの期間を楽しむのもおすすめです。

 

イースターの期間とは、復活祭前後の90日間を指します。

復活祭前の40日間と復活祭後の50日間です。

西方教会のイースターでいえば、2021年なら2月24日から5月23日まで

これほど長い期間お祝い気分が続くことから、キリスト教の信者にとっていかにイエスの復活が大切にされてきたかがわかるでしょう。

スポンサーリンク

イースターは何をする日?

ところで、イースターって何をすればいいの?と思いますよね。

この日はお祝いですから、ごちそうを食べたりお祝いの遊びをするのが通例です。

イースターの食事は?

イースターといえば、卵!

お祝いの食事として出される料理は、卵料理です。

ただし、国によってはソーセージやスープなどの伝統料理でお祝いすることもあります。

もちろん卵はつきものですが、祝祭のごちそうですから卵の他にも食べて大丈夫です。

 

よく出されるのは絵具で色をつけたゆで卵で、味付けをいろいろ変えて楽しむのもいいかもしれません。

テーマパークやレストランなど、イースターのイベント料理を出している場所で食事をしたりテイクアウトする手もあります。

イースターの遊びは?

イースターの遊びでよく知られているのが、エッグハントです。

子どもの頃に日曜学校に通っていて、遊んだことがある人もいるのではないでしょうか?

エッグハントとは、卵探しのこと。

殻に絵を描いたり飾りつけをした卵を隠しておき、探す遊びです。

卵を見つけられたら、ラッキー!

お庭や公園などに隠しておいたイースターエッグを子ども達がいっせいに探しに行き、見つけた子がお菓子をもらうといったイベントがおこなわれることもあります。

イースターエッグを作る準備をみんなで楽しむのも、いい思い出になりますよ。

 

他にも有名なのが、エッグロールです。

日本語に訳せば卵転がしで、伝統的なイースターのゲームです。

芝生の上などに卵を置き、柄の長いスプーンで転がして競争するのがエッグロールの遊び方。

途中で割ってしまったら、残念ですがゲームオーバーです。

国によって細かい遊び方は異なるものの、卵を転がすというゲームはキリスト教が根付いている各国で受け継がれています。

スポンサーリンク

イースターにはどんな意味がある?

日本では、キリスト教のお祭りというとクリスマスが最も盛んです。

しかし、キリスト教徒にとってクリスマス以上に重要なのがイースター(復活祭)です。

それほど、イエスの処刑は悲しまれ、死後の復活は祝福されたということですね。

 

教派によっても考え方が異なるようですが、復活祭前の40日間はキリストの受難を記念しているといわれます。

断食がおこなわれたり、イースター・エッグが配られたり、復活祭当日にはローマ教皇からも毎年メッセージが発表されます。

 

卵がイースターを象徴するのは、新しい生命が生まれ出ることに由来。

イースターでの卵は、死と復活を意味しているのです。

真っ赤に染められることも多く、その色はキリストが処刑されたときに流した血を表しているといいます。

 

血は、死を意味すると同時に生命=復活の意味も持っています。

ちなみに、ウサギもイースターの象徴とされますが、こちらは豊穣や繁栄の意味があるそうです。

ウサギは、繁殖力が強い生き物だからですね。

スポンサーリンク

イースターの飾りを飾る期間は?

イースターの飾りつけをするのは、復活祭直前の金曜日がいいとされます。

その日は聖金曜日といわれ、キリストが十字架で処刑された日です。

キリストの死を悼む意味では、翌日の土曜日から飾りつけてもいいといいます。

 

注意しておきたいのは、それより早くに飾りつけをしてしまうこと。

イエスが処刑される前から、死を望んでいたような意味にもとれてしまいます。

 

イースターの飾りは、復活祭の50日後までが目安。

この日はペンテコステ(聖霊降臨日)と呼ばれ、新約聖書にも載っています。

もちろん、本物の卵を使った飾りはそんなに置いておくと腐ってしまうので気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

2021年のイースターの期間や飾りつけについて、参考になったでしょうか?

キリスト教徒としてお祝いするのでなければ、それほど厳密に考えずに楽しむのもありです。

春らしいお祝いで、明るい気分になりましょう!

タイトルとURLをコピーしました