鬼滅の刃

遊郭編【鬼滅の刃】子供にどう説明する,見せてもいいの?

スポンサーリンク

昨年、映画歴代興行収入一位を塗り替えた大人気アニメ「鬼滅の刃」の続編が

2021年に放送される事が決定しました。

国民的ヒットとなったこの作品は、10歳未満の子供のファンも多いのですが

鬼を殺すシーンがグロテスクで子供への影響が心配、という保護者の声もたびたび聞こえてきていました。

実際、映画「鬼滅の刃 無限列車編」ではPG12という

  • 小学生以下は保護者の助言・指導が必要
  • 小学生以下保護者と一緒に観る事が推奨される

という制限がついた状態での公開となりましたが、話題になっているので

見たいと子供にせがまれ、悩んだお母さんも多かったのではないでしょうか?

今年、続編となる「遊郭編」がスタートすることが発表されましたが

内容はどのようになっているのでしょう。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃 遊郭編 子供に見せてもいいの?

普通R指定やPG指定は、映画館に足を運ぶ前にだいたいの内容がわかるように表示されているため

今回の遊郭編はテレビアニメということで、指定はつかなさそうですね。

しかし、前回までのグロテスクな描写に加え、今回は舞台が遊郭ということで

場所が場所だけに子供向きな内容ではないのでは?

と新たな心配が出くると思います。

スポンサーリンク

鬼滅の刃 遊郭編 子供に説明しない?

実際ネットではアニメが始まる前から

”鬼滅の刃の遊郭編がアニメ化されたら、子供に遊郭や花魁とかどう説明するのでしょう?”

といった書き込みや

”遊郭は子供に悪影響なのでは”

といった意見がでているようですね。

筆者が漫画を読んだ感想では、作中でそこまで吉原という場所や花魁という職業について

深く説明しているシーンがないので、戦いの内容に興味があって楽しんでいる

幼稚園児くらいまでなら、特に説明しなくてもよいのでは?という気もします。

スポンサーリンク

鬼滅の刃 遊郭編 子供にどう説明する?

しかし、小学生以上ともなれば大人の言う事もよくわかってくる年齢です。

 

「どうして炭次郎や善逸は女の人の恰好をして売られていったの?」

「堕姫と妓夫太郎は何をしている人なの?」

 

などの質問が飛び込んできた時に、親としてどう説明するべきでしょうか?

低学年くらいなら、ちょっとオブラートに包んで

「吉原とは、女の人が綺麗な格好をして男の人とおしゃべりする場所なんだよ~」とか

「親がいない堕姫と妓夫太郎は売られてしまって、お店で働いたり

お金を貸した人から返してもらう仕事をして、二人で一生懸命暮らしていたんだよ~」

などの説明でなんとか乗り切れるかもしれませんが

高学年にもなると、もうだいたい世間や社会の事がわかる年齢なので

日本の歴史や文化について学ぶよい機会だと捉え

腰を据えてじっくり説明するのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

鬼滅の刃 遊郭編 描写はどこまで?

とはいえ、実際漫画でどのような描写があるのか気になっている方は多いと思います。

ネタバレになってはいけないのであまり詳しくは書けませんが

  • 炭次郎やメインキャラは下働きでこき使われるだけなので、吉原特有の仕事などを見る場面はない
  • 戦いの最中、男女二人で部屋にいる人たちが出てくるが普通に服を着ている
  • 堕姫たちの生い立ちが語られる時に、残酷な描写がある

といった事を知っておくだけでも見せる・見せないの判断材料になるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

話題になっているアニメだけに見せてあげたいけれど、子供にとってのトラウマになったり

メンタルに悪影響があるのでは?と悩んでしまいますよね。

子供の年齢や性格、怖がりかそうでないか、などを総合的に判断して

保護者が見守りつつ鬼滅の刃を楽しめると良いですね。

タイトルとURLをコピーしました