テレビ番組

新川帆立(しんかわほたて)本名や夫(旦那)は誰,子供は?

スポンサーリンク

2021年2月23日(火)23時から放送される「セブンルール」に新川帆立さんが出演されます。

現在小説家として活動されている新川帆立さんのことや、旦那さんのことなどをまとめました。

スポンサーリンク

小説家・新川帆立さんについて詳しく

新川帆立さんのプロフィール

名前 新川 帆立(しんかわ・ほたて)

本名は非公開

生年月日 1991年2月
年齢 30歳(2021年2月現在)
出身地 アメリカ合衆国テキサス州ダラス

新川帆立さんはこんな人

新川さんは第19回『このミステリーがすごい!』にて大賞を受賞されました

そして小説家としてだけではなく、弁護士としての資格、またプロ雀士としての資格もお持ちなんだそうです。

気になったこと、好きになったこと、やろうと思ったことは徹底的に突き詰めていく性格なんでしょうね。

すごい方というのが分かります。

新川帆立さんの経歴は?

新川帆立さんはアメリカで生まれ、宮崎県で育ちました。

お父さんの転勤の関係で、高校生の時に茨城県へ引っ越しをされます。

そして茨城県の進学校・茨城県立土浦第一高等学校へ進学しました。

高校時代は囲碁部に入り、全国高校囲碁選手権大会に出場したり、物理好きが高じて国際物理オリンピックの予選に出場した経験があるんだそうです。

その後、東京大学法学部へ進学し、大学時代は麻雀に没頭したんだそうです。

プロ雀士として活躍しながら東京大学大学院まで進み、卒業後は弁護士として活動をされました。

きっと幼少期から勉強に励んできた方ということが分かりますよね。

転勤で引っ越した先で進学校に入れたり、好きになったもので大会に出たりと、努力を惜しまない方なんでしょうね。

小説家を目指すきっかけは?

17歳の頃、『吾輩は猫である』と出会い、小説家になるという夢を抱いたんだそうです。

大学は東京大学法学部へ進学しますが、小説家としての夢を諦めたわけではありませんでした。

この時も「小説家として成功するまでには時間がかかるのが一般的。そこまで経済的に困らないように」との思いのもと、弁護士として働くことを選んだんだそうです。

それで最難関の司法試験を突破できるのですからすごいですよね・・・。

しばらく弁護士として活動しましたが、弁護士と小説家の二足の草鞋だと、小説を書く時間を満足に捻出できない、との理由で弁護士事務所を退所。

民間企業の法務部で仕事をしながら、平日夜や休日に執筆作業をしているんだそうです。

そして、投稿2年目の時に『元彼の遺言書』第19回『このミステリーがすごい!』の大賞に輝きました。

新川帆立さんの夫は?

新川帆立さんはご結婚をされています。

夫も同じ弁護士として現在活動をされているそうです。

ちなみに、同じ東京大学・大学院を卒業されているそうです。

ご夫婦揃ってスーパーエリートなんですね。

そしてその後の職場も一緒だったんだそうです。

具体的にいつ付き合ったのか・結婚したのかは分かりませんでしたが、

長い期間一緒に過ごして、お互いのことをよく理解しているご夫婦なのではないでしょうか。

ちなみに、弁護士を辞めて民間企業に移った後、執筆活動を行う新川さんのことをとても応援していてくれたんだそうです。

新川さんが執筆活動をしている間は家事を全て行い、執筆活動に集中できるように配慮してくれたとのことです。

新川さんは一度『このミステリーがすごい!』の大賞選考で落選をしています。

その時も、新川さん本人よりも夫のほうが「落選したことが納得できない!」

と感じていたんだそうです。

とてもポジティブな方で、全力で新川さんのことを応援し、そして新川さんの才能を誰よりも認めている方なんですね。

お互い支え合って認め合っているということがとてもよく分かりますよね。

新川帆立さんの子供は?

新川さんはご結婚されていますが、お子さんの情報はありませんでした。

もしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、番組で分かってくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

新川帆立さんのことをまとめました。

いかがでしたか?

小説家としてだけでなく、弁護士やプロ雀士としての顔も持つ新川帆立さん。

とにかく頭が良く、努力を惜しまない方ということが分かりました。

また夫もとても協力的でポジティブな方で、結婚をしてとても良い方向に進んでいるご夫婦と受け取れました。

様々な才能をお持ちの新川帆立さん。

これからの活躍も楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました