おちょやん

おちょやん鶴亀撮影所の監督役は誰,まとめ!ジョージ監督は?

スポンサーリンク

京都の鶴亀撮影所で女優を目指し、日々奮闘する千代。

初恋を経験し、女優として見事に切ない場面を演じきったところで、視聴者もホッと胸をなでおろしたことでしょう。

そんな千代が撮影所で出会った、2人の個性的な監督についてご紹介します。

 

まずは、「ワンの、ツーの、ほいさっさー」

ノリノリの合図で撮影を開始する樋口組の樋口仙一監督

 

もう一人は、

千代が重要な役どころを任された「太陽の女カルメン」ジョージ本田監督

 

特にジョージ本田は、ダンディな髭に蝶ネクタイ、

胡散臭い英語を混ぜつつ俳優やスタッフに怒声を飛ばすなど、かなり個性的なキャラクター。

千代に「バンブーベロニカ」という芸名を付けようとして、視聴者の間で話題になりましたね!

そんな「おちょやん」監督役を演じた2人について、まとめてみました。

 

福助役は誰?福富の息子・トランペット少年がイケメンに!

あっぱれ役は誰?すがのや(須賀廼家)役どころ一覧!

スポンサーリンク

鶴亀撮影所の監督①樋口仙一(上杉祥三・うえすぎしょうぞう)

上杉祥三(うえすぎしょうぞう)さんプロフィール

名前 上杉祥三(うえすぎしょうぞう)
生年月日 1955年12月14日
年齢 65歳(2021年1月現在)
身長 167cm
出身地 兵庫県
所属 オフィスPSC
主な出演作品 「踊る大走査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」

「カーネーション」

「風林火山」

上杉祥三さんはこんな人

甲南大学を卒業後、高畑淳子、西田敏行、竹中直人など著名な俳優を輩出する

「劇団青年座」に入団。

その後、「夢の遊眠社」に入団し、皿洗いのアルバイトをしながら看板俳優になり、

同劇団をトップ劇団へと成長させます。

グローブ座カンパニーの座長もつとめ、シェイクスピア俳優として活躍するなど、

演劇界ではかなりの実力者として知られているようですね。

妻は女優の長野里美さん。

こちらも真田丸で真田信幸の病弱な正室、こう役をユーモラスに演じて話題を集めた方のようです。

ご夫婦で、演劇ユニット「トレランス」を立ち上げ、かなり仲の良い雰囲気がうかがえます。

ちなみに「ワンの、ツーの、ほいさっさー」について、長野さんも反応なさっていました

お茶目で可愛らしい方ですね。

「ほいさっさー」については、視聴者の間でも反響があったようです。

「麒麟がくる」でも平手政秀役を演じた大河の常連俳優、上杉祥三さん。その抜群の演技力に、今後も注目したいですね。

スポンサーリンク

鶴亀撮影所の監督②ジョージ本田(川島潤哉・かわしまじゅんや)

川島潤哉(かわしまじゅんや)さんプロフィール

名前 川島潤哉(かわしまじゅんや)
生年月日 1979年5月12日
年齢 41歳(2021年1月現在)
身長 180cm
出身地 東京都
所属
主な出演作品 「ロボジー」

「純と愛」

「なつぞら」

「エール」

「絶対零度」

「深夜食堂」

SNS Twitter @junya_kotenten

川島潤哉さんはこんな人

東京都立大学卒業後、バンド活動をしながら24歳で演劇の世界に飛び込みます。

2005年に「劇団コマツ企画」に所属し、以降この劇団の全ての作品に出演しています。

現在は退団し、映画やドラマにも出演する傍ら、

自ら脚本・演出を手掛ける一人演劇「コテン(狐天)」に取り組まれているようです。

舞台演劇の世界観を全て一人で作り上げるなんて、多彩な方ですよね。

「コテン(狐天)」についての情報は、

随時Twitterの方で告知されているようなので、ぜひご覧になってみてください。

連続テレビ小説は「ゲゲゲの女房」に出演。

その後、「純と愛」「なつぞら」「エール」と、朝ドラの常連俳優に。

紳士的な役から今回のような個性的な役まで、幅広い演技力で私たちを楽しませてくれています。

「エール」の時とのあまりのギャップに、同一人物と気付かない視聴者も多数いたとか…。

これからもどのような役どころに挑戦していかれるのか、楽しみですね。

スポンサーリンク

まとめ

鶴亀撮影所の監督役2人について調べてみました。

2人ともその高い演技力で、コミカルで個性的な役どころを見事に演じていますね!

常連俳優ということもあって、これからも朝ドラや大河ドラマで見かけることが多そうです。

今は感染防止で厳しい状況かもしれませんが、舞台での活躍も期待したいと思います。

「おちょやん」、これからも楽しみに視聴したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました