テレビ番組

武藤友木子(むとうゆきこ)夫,プロフィールは?ウーバーイーツ代表経歴

スポンサーリンク

「UberEats(ウーバーイーツ)」という言葉、すっかり有名になりましたね。飲食店の商品などをデリバリーしてくれる非常に便利なサービスです。

日本のUberEatsは2016年に東京でスタートしました。現在は全国的に展開されていますね。

この Uber Japan 執行役員であり、フードサービスUber Eats の日本代表である武藤友木子さんがどうやらすごい方のようなんです!

スポンサーリンク

武藤友木子さんプロフィール

名前 武藤友木子 (むとう・ゆきこ)
出身地 東京都国立市
SNS Twitter @YukikoMuto

生年月日など、詳しいプロフィールは公表されていませんでした。

学歴は?

小学校は出身地である国立市の私立小学校。そして中高一貫の私立校・雙葉中学校に進学しました。雙葉中学校といえば都内でも屈指の名門女子校として知られていますよね。

中高一貫の女子校で、東大や早慶など難関大学への進学率も高い学校です。2021年の偏差値は68、これは東京都内8位、全国で19位だそうです。

キリスト教の学校ですが、宗教色はそれほど濃くないようです。

ちなみに雙葉高校出身の有名人はお笑い芸人のいとうあさこさん、女優のかたせ梨乃さん、アナウンサーの江崎史恵さん、高橋真麻さんなどがいます。

中学では古文や漢文といった、覚えなければいけない課目の成績はぼろぼろだったそうです。現国と数学、物理といった、理系の頭の使い方のほうが得意だったそう。

…地頭の良い方でしょうから、この「ぼろぼろ」はあまり信じられませんね(笑)

 

その後、国際基督教大学(ICU) 教養学部 社会科学科に進学しました。

経営者になるために必要な英語力を身につけるためにICUを選び、大学2年時にはカリフォルニア大学デービス校に留学して英語の授業を受けていたそうです。

授業についていくために図書館と大学を往復する生活を送って英語力を身につけたというのですから、生半可な気持ちでの留学ではなかったことが伺えますね。

 

小学生の頃から「社長になりたい」と周囲に話していた武藤さん。それはよく子供が遊びで口にする「大きくなったらシャチョーになる!」というのとはワケが違う、本気の思いだったようです。

 

職歴は?

1998年に大学卒業。アクセンチュア株式会社(元 アンダーセンコンサルティング)に入社し、本人曰く「死ぬほど働いた」そうです。そして2000年に企業間取引の仮想空間を提供するインターネット関連の会社を設立。この時弱冠25歳でした。

9ヶ月後、この会社を楽天株式会社へ売却(自身も楽天株式会社へ転籍)。26歳で事業部長へ昇進し、現在楽天会長兼社長である三木谷浩史氏の直属の部下としても働いていたそうです。その後、子会社副社長などを歴任。2007年、トラベルズー・ジャパン株式会社代表取締役社長に就任しました。

その後OpenTable株式会社代表取締役社長を経て、2017年1月、Uber Japan 執行役員に就任しました。

 

大学を出て一度就職し、スキルを身につけてすぐに起業したのですね。その後もいくつもの会社で、夢だった取締役社長に就任。何とも華やかな職歴ですがその裏にはどれだけの努力や苦悩があったのだろう、と想像すると、ただただ感服するばかりです。

 

兄弟はいる?

武藤さんにはお兄さんと弟さんがいるそうです。

お父様は酒造や小売など300店舗以上をフランチャイズで経営するやり手の経営者でした。

しかしその会社は売ってしまったそう。

それ以上のことは公表されていません。ただ、お父様も武藤さんも素晴らしい経営者なので、ご兄弟も起業をされている可能性はありそうです。

 

夫は?結婚して子供がいる?

武藤さんには4歳半のお子さんがいるそうです。

しかし時短勤務などはされていないとのこと。出産時も、予定日の 2 日前から産休に入り、3ヶ月で戻ったというから驚きです。

武藤さんはご主人の協力がかなり大きかった、「主人は理想のパートナーです!」と話しています。

ご主人の仕事などについては公表されていませんが、武藤さんのことを心身共に支えてくれる素敵なご主人であることが伺えますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

街で見かけるUberEats、その裏には努力家な女性代表の姿がありました。

様々な経験をしてきている武藤さんですから、UberJapanも今後どんどん変化していきそうですね。

これからも武藤さんのご活躍から目が離せません!

タイトルとURLをコピーしました