年末年始

年賀状がしんどい。来年からやめたい,やめる方法は,どう書けばいい?

スポンサーリンク

もう、年賀状の季節となりましたね。

今年は年の瀬ということもあまり感じないような、

季節感のない、あっという間の一年だったと感じられた人も多いと思います。

年賀状は、いただくとうれしいものですが、

やはり、出すというのは一苦労ですよね。

デザインを考えて、宛名を書いて、文面も考えて…

このステップは、簡単なようで難しいです。

年齢が上がるにつれ、「しんどい」と感じてしまうこともしばしば。

年賀状を受け取ると、相手の近況がわかるのでうれしいものではあるものの

辞めるタイミングが難しいですよね。

 

年賀状を辞める、辞めたいという人にとって、スマートな方法・書き方はあるのでしょうか?

「年賀状じまい」とも言うそうです。

年賀状を辞退する方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

なぜ辞めたいという連絡をするのか

年賀状は毎年のことですから、辞めたいのに辞められずズルズル、というのが

精神的にしんどい、という人は多いと思います。

年賀状が届かないと、何かあったのでは?と思われるのがしんどくて

大変だけど書いている、という人も多いのでは。

 

年賀状を辞める手っ取り早い方法は、

「自然消滅」「送られた年賀状を無視する」ということだと思います。

しかし、それはちょっと気が引ける…という人にとっては

「年賀状を辞退したいという連絡をする」という方法があります。

具体的な方法については、下記にご説明します。

スポンサーリンク

年賀状を辞めたいと伝える方法

タイミングは?

年賀状を辞めたいという連絡は、

年賀状に、辞退したいということを書くという方法があります。

年賀状を書くタイミングで、年賀状に直接書くといいでしょう。

年賀状にどう書けばいい?

このような文面を年賀状に書くと、相手に伝わるはずです。

  • 「勝手ながら年賀状は本年をもって最後とさせていただきます」

「高齢のため」や、「文字の読み書きが辛い」「視力が低下している」
という理由を、正直に書くのもいいでしょう。

  • 「高齢のため年賀状は来年より辞退したいと思います」

丁寧な書き方をすると、

  • 「高齢のため毎年の年賀状を書くことが難しくなってまいりました
    本年をもって 年始のご挨拶状をご遠慮させていただこうと思っております
    勝手ではございますがなにとぞご容赦ください」

このように書けば、「辞めたい」という意思を、相手にスマートに、丁寧に伝えることができますね。

スポンサーリンク

辞退したいという年賀状を受け取ったら

筆者も、高齢の親戚から、辞退したいという年賀状をいただいたことがあります。

こういうはがきを受け取ると、

年賀状を無理して書いていたんだな、とか

今まで年賀状を送ってくれてありがとう、という気持ち、

何とも言えない、色んな気持ちが重なりました。

こういうはがきを受け取った場合は、

  • 来年以降、年賀状は送らない
  • 引き続き年賀状で挨拶をしたい場合は、「お返事は結構です」と明記する

という方法があります。

会ったときに、今まで年賀状ありがとうね、と伝えるのもいいかもしれません。

できるだけ、相手の気持ち的な負担にならないように、心がけたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

年賀状が年々辛くなってきた方、特に高齢の方によっては、

年賀状のことで毎年悩まれているかも知れません。

年賀状の書き方について、まとめてみました。

切手代が高くなって以降、ますます年賀状離れが加速しましたね。

時代が令和になり、年賀状自体も存在が薄くなってきたような気がします。

このような方法を、参考にしていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました