ロケ地

サーモス越後上布の雪ざらしCMに出ているモデルはどこ?中田屋織物の中島さん一家

スポンサーリンク

サーモスの新CMに出ている「雪ざらし」、とても綺麗ですよね。

雪の上で干すという手法は、初めて見たという人も多いのでは。

このサーモスCMの舞台は、新潟県南魚沼市。
「晴れた日に、雪の上に反物をさらす」という
雪ざらしを紹介しています。
「天然の漂白作用」があると、女性が語っています。
干し終わったあと、サーモスであったかい飲み物を飲む姿が
こちらもホッとしますよね。

このCMのモデルはどこなのか、気になったので調べてみました。

象印の三姉妹役は誰?箭内夢菜(やないゆめな)の関西弁がヤバイ!
象印の三姉妹のCM、とてもほっこりしますよね。 CMに出演しているのは、安藤サクラさん、奈緒さん、箭内夢菜(やないゆめな)さんです。 このCMでは、 家で仕事をしてい...
スポンサーリンク

サーモスの魔法びんとは

「おいしい温度。サーモス」というキャッチフレーズで、長年愛されていますよね。

魔法びんが発売されて、100年にもなるそうです。

サーモスは、一家に1つは持っているという人が多いのではないでしょうか。

サーモスの魔法びんは、保温力がすごい!

丸一日、熱々のお茶やコーヒーを味わうことができて、

芯から冷えるこの時期には、必需品ですよね。

サーモスのお弁当箱も販売されています。

冬には、最適ですよね。

このCMのように、真冬の屋外でも熱々の飲み物を頂けるのは、本当にありがたいですよね。


スポンサーリンク

越後上布の「雪ざらし」とは

越後上布(えちごじょうふ)は、雪からできた上級の反物として歴史が深く、

奈良時代にはもう作られていたと言われています。

新潟県魚沼市、小千谷市を中心に作られています。

「苧麻(ちょま)」という植物を使い、一つ一つの過程は人の手で作られています。

さらりとして通気性がよく、夏に最高の生地とされています。

雪の上に干すと、太陽と雪の力で布が白くなるそうです。

自然の力って、とても不思議ですよね。

奈良時代からの伝統が、今でも残っていることが素晴らしいですよね。

スポンサーリンク

サーモスCMのモデルは中田屋織物の中島さん一家

CMのモデルとして、中田屋織物の中島さん一家が出演しています。

女性2人と、男性1人が出られていますよね。

家族で経営されているのですね。

穏やかな雰囲気の3人。男性が着ておられるのは越後上布でしょうか。

現代では洋服を着て、あまりこういう手作りの生地に触れることはあまりないですが、

伝統的な織物が、こうして今も人の手によって残されているということは、素晴らしいですよね。

中田屋織物 有限会社の詳細

店舗名 中田屋織物 有限会社
住所 新潟県南魚沼市塩沢95
電話番号 025-782-0106
営業時間 9:00~17:30(工場見学は行っておりません)
スポンサーリンク

まとめ

サーモスの新CMに出ている「雪ざらし」のモデルを調べてみました。

とても希少な生地に、作り方が特殊。

お値段もとても張るそうですが、納得です。

こういう「ホンモノ」を、いつか1つは持ってみたいなと思いました。


スポンサーリンク
シェアお願いします
広告(関連記事も表示されます)
タイトルとURLをコピーしました