吉野家のたれ工場はどこ?原材料は?紅しょうがはどこで作ってるの?

スポンサーリンク

吉野家の牛丼って、本当においしいですよね。

最近ではUber Eatsでも取り扱っているので、気軽に食べることができてうれしいですよね。

いつもおいしい吉野家のたれの秘密が気になったので、調べてみました!

スポンサーリンク

タレの工場は東京工場にあり

吉野家の工場は、埼玉・加須(かぞ)市にあります。加須市は、埼玉県屈指の米や小麦の生産地で有名です。

東京への通勤圏であり、人工は11万人です。

吉野家の本社は、東京都中央区にあるので、工場への行き来が容易なんですね。

この工場では、たれだけでなく牛肉の保管や加工もされています。

工場で使用する牛肉は1日30トンだとか!

10tトラックが3台分満杯になるくらいの牛肉が毎日加工されているなんて、すごいですね!!

【新垣結衣】ガッキーの財布はZUCCaの白?今回のぐるナイのレストランAzure45の情報も
...
スポンサーリンク

たれの企業秘密

たれのレシピを知っている社員は、たったの9人!

吉野家の味を決めるのが、たったの9人なんて驚きです。

なんと社長さえも知らない、トップシークレットだそうです。

企業秘密を社長も知らないとは、すごいですね。

吉野家のたれは、100年以上研究されているオリジナルのたれだそうです。

スポンサーリンク

たれの材料は?

たれの材料は、

  • 砂糖
  • 醤油
  • 白ワイン
  • 生姜
  • オニオンエキス
  • にんにく

等々、だそうです。

企業秘密なのでもちろん配合量は不明ですが、この材料を全部混ぜると、吉野家の味が再現できるかもしれませんね。

それぞれ、原材料にもとてもこだわっています。

「白ワイン」が味の深みを出すようで、吉野家のオリジナルですね。

どんな白ワインを使っているかも気になりますね!

そして吉野家の牛丼には醤油に「ある白い液体」が入るそうです。

おそらく、うまみ成分でしょうね。これが、一番の秘密なのです。

作り方

吉野家のたれは、「低温熟成」。

詳細の時間はわかりませんが、かなりの時間をかけて作っているようです。

牛肉が1日30トン加工ということを考えると、大きな鍋が相当たくさん並んでいるのでしょうね。

しかも低温熟成なので、工場は24時間、ずっと稼働しているんですね。

紅しょうがはどこで作っている?

紅ショウガも、吉野家の牛丼に欠かせません。

紅ショウガは、茨城県坂東市にある、株式会社マナカという生姜専門問屋で作られているそうです。

ホームページには、しょうがの保存方法も書いてありました。

生姜屋さんが勧める保存方法なので、確実ですよね!主婦には嬉しい情報です。

スポンサーリンク

まとめ

吉野家の味を決めるたれの工場は、埼玉県にある東京工場で作られています。

そのたれの秘密を握るのは、たったの9人の社員さんです。

紅しょうがは、別の会社で作られたものを購入しているそうです。

自宅でも吉野家の味を再現できればいいですが、、やはりお店に行ったほうがよいということですね!

明日のお昼は、吉野家に食べに行きたくなりました(笑)

値段もお手頃で、この厳しい時期には嬉しいですよね。

たれの秘密がわかったので、すぐにお店で味を確かめたいと思います!

U-NEXTを使えばレンタルしに行かなくていい!ダウンロードしてオフラインでも観られる
...
//PCでは表示させたくないので空欄にする
タイトルとURLをコピーしました